title
エコが気になるわけ
eco_img1

私たちの大事なお約束1

木を伐採する時に使用するエンジンチェーンソー。チェンソーには混合油とチェーンオイルを使用します。特に薪場王作業場内で使用するチェーンオイルは生分解性のオイルのみを使用しています。このオイルは非水質汚染物質に分類されるため、環境特別保護地域や水質保護地域での使用に適しています。たとえそのような地域でなくとも薪場王が販売する薪は、製造段階から、自然にやさしいオイルを使用しています。



eco_img2

私たちの大事なお約束2

細く割った薪と太く割った薪、どちらが早く乾燥するでしょうか? 諸条件によって多少の違いはありますがほとんどの場合、細く割った薪、薄っぺらい薪が早く乾燥します。だからと言ってそれは薪ストーブに向いているとは言えません。逆に太割りの薪が鋳物や鋼板製のストーブには向いている場合が良くあります。太い薪は乾燥しにくいので薪場王が販売する薪は、広く風通しの良い土地で一年以上自然天日乾燥させます。だからこそ含水率18パーセント以下の、質の良い薪が出来上がります。
※含水率…薪の乾燥具合の指標になるのが含水率です。含水率は、含水率計で簡単に測定することができます。薪としておすすめなのは15~20パーセント以下の含水率です。適正な含水率の薪を使用すると、暖房効率の向上や、煙突内のススの付着を減少させるだけでなく、煙道火災の発生を抑える効果があります。斧と一緒に含水計も準備されることをお薦めします。

bnr_sales