title
お知らせ
2014-05-26
大切なポイント
どの樹種でも言えるのは、十分乾燥させた薪を使う事です。 樹木が伐れるとき、その樹木の細胞は水でいっぱいです。 一般的に、木の重さのおよそ60%は水です。
そのような湿った「緑の」木はよく燃えません。
悪いことに、それは単に蒸気を作る際にもたらす大部分の熱を浪費します。
更に悪いことに、薪ストーブと煙突を非常に早く劣化させてしまいます。

燃えている木と関連したほとんどの問題は、湿っぽい燃料に起因します。 効果的に燃やすために、木を乾燥する必要があります。 そして、最高15~20%の水分量に抑える必要があります。


【一覧に戻る】

bnr_sales